PASSAGE: SXSW

View All /

今回のJOURNEYは、南カリフォルニアからSXSWが開催されるテキサスへのロードトリップでした。

この度の目的であるSXSW=サウス・バイ・サウスウエスト(South by Southwest)とは、毎年3月にテキサス州のオースティンで行なわれているアメリカを代表するアートイベントで

今年も3月13日から21日まで開催されました。(SXSWの名前の由来は、映画「North by Northwest 北北西に進路を取れ」に由来しています)

元々はオースティンで活躍するとある音楽マネージャーの呼びかけで始まったこのイベントは、1986年に地元の音楽関係者が開催したインディー音楽の見本市がその起源となり、1994年「Multimedia (Interactive)」「Film」部門が設置され、現在のイベント形態が確立されたのは、Interactive部門が設置された1998年頃です。

 

オースティンコンベンションセンターを中心に市街のホテルや店舗を巻き込んでの開催で、プレゼンテーション、ライブパフォーマンス、パーティなどのオフィシャルイベントだけでも1400以上もの数で行われており、その他にもオースティンの街中のいたるところで非公式のイベントが行なわれていることかから、数えきれない数のイベントが絶えず至るところで行われており、人口20万人のオースティンに、世界中から毎年5万人以上の人が集まる街を挙げての一大イベントとなっている。

南部テキサスの1都市でおこなわれているインディーズ音楽見本市であったSXSWが世に知れ渡ったきっかけは、2007年にTwitterがSXSWアワードを受賞し、世界的にブレイクしたことに端を発します。

Interactive分野に留まらず、新しい情報や知的刺激を求める起業家からプログラマ、ジャーナリストら、スタートアップ企業の人々が一同に介することでしられており、またFilm部門であれば、映画監督、プロデューサー、俳優、TV局関連の関係者が集いMusic部門は、JAY Zやビヨンセ、Lady Gagaなど有名なミュージックスターがサプライズでセッションに参加するなど、各部門に関わる人々が多くのこのSXSWを目指し、新しい才能が生まれる瞬間を共有する場でもあります。

そんなSXSWに参加すべく、私たちは、まずは朝早くからインディレコード店やビンテージショップをチェック。フェスティバルを体感した後は、LAをベースにするMINI MASIONのスタジオセッションで終了。40’sシックなワイドブリムフェドラハットとシルクウェスタンシャツCOLONY2139のデニムのコーディネートがフィットしました。

土砂降りの2日目は、シンガーソングライターのJames BayとTobias Jesso Jrのライブショウがハイライト。

最終日はテキサスバーベキューでリチャージし、カリフォルニアへの帰路へつきました。

Models: Katie Parfet COLONY2139, Janell Shirtcliff

撮影: Janell Shirtcliff